【喉が痛い.com】〜扁桃腺炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nodogaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは喉の痛みの原因となる病気、扁桃腺炎について詳しく説明していきます。

扁桃腺炎とは扁桃腺に炎症が起こっている状態で、扁桃腺が病原体などと接触して戦っている時に起こるものです。扁桃線炎には急性扁桃線炎と慢性扁桃線炎の2つに分けられます。

急性扁桃腺炎とは炎症や腫れが特に激しいものを指し、時に40℃近くの発熱を伴います。基本的に急性咽頭炎と同時に発症し、中には水分補給や食事も満足に取れない状態で、短期間とはいえ入院を余儀なくされる場合もあります。

慢性扁桃腺炎とは急性扁桃腺炎が慢性化してしまった状態を指し、急性よりも関節炎や腎炎などの病気を併発してしまう可能性が高くなります。いったん慢性化してしまうと投薬で治る可能性が低くなり、摘出手術も視野に入れないといけなくなります。
また慢性扁桃腺炎はその特徴から「習慣性扁桃炎」「慢性単純性扁桃炎」「扁桃病巣感染症」の3つに分けられます。特に扁桃病巣感染症は腎臓、皮膚、関節などに病気を併発するので、注意が必要となります。

扁桃腺炎の代表的な症状が喉の痛みです。喉が痛い、喉が腫れるなどの症状があり、発熱や倦怠感、首や耳辺りにも痛みや腫れや炎症が見られる場合には、扁桃腺炎の可能性も高まります。

治療はのどを消毒して清潔に保ち、抗生物質と鎮痛解熱剤の内服で治します。
通常3日程度で、遅くても1週間以内には回復が見込めます。それ以上かかるようでしたら再度病院で診てもらいましょう。


  風邪

  インフルエンザ

  花粉症

  気管支炎

  肺炎

  慢性閉塞性肺疾患(COPD)

  喘息

  ポリープ・癌


sponsored link



【喉が痛い.com】TOP

copyright©2014  【喉が痛い.com】〜喉の痛みの対処法と治し方〜  All Rights Reserved