【喉が痛い.com】〜花粉症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nodogaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは喉の痛みの原因となる病気、花粉症について詳しく説明していきます。

季節の変わり目になると、花粉症に悩まされる方は非常に多いと思います。特にスギ花粉やヒノキ花粉、ブタクサ花粉などが有名です。スギ花粉は2〜4月、ヒノキ花粉は3〜5月、ブタクサ花粉は8〜9月に最も飛散が多くなります。

喉の痛みは花粉症の症状のひとつでもあります。特に多い時期は春と秋ですが、今では年中と言っても過言ではないようになってきました。
花粉症の主な症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みなどがありますが、喉の痛みも花粉症の代表的な症状です。ただし直接的な要因ではなく、あくまで二次的な症状として分類されます。これは、鼻水や鼻づまりが原因で鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸が多くなることで喉の乾燥や炎症を起こしやすくし喉の痛みに繋がるということになります。

花粉症の症状は個人差が激しいのも特徴です。大量の花粉の散布を目の当たりにしても軽い程度の症状しか出ない人も居れば、少量の花粉でも重い症状が出る人も居ます。花粉症は花粉に対するアレルギー反応が起こすものですので、アレルギーが強い人ほど症状が強くなる傾向にあるのです。

花粉症対策にはマスクの着用と、こまめなうがいと手洗いが最適です。マスクはもちろん鼻まで覆うタイプが好ましいです。また、うがいはお茶や塩水で行うのも効果があるとされています。
現在、花粉症に対しての根本的な治療法というのはまだ確立されていません。現段階では、花粉症の各症状を抑える対症療法が一般的な治療法となります。


  風邪

  インフルエンザ

  扁桃腺炎

  気管支炎

  肺炎

  慢性閉塞性肺疾患(COPD)

  喘息

  ポリープ・癌


sponsored link



【喉が痛い.com】TOP

copyright©2014  【喉が痛い.com】〜喉の痛みの対処法と治し方〜  All Rights Reserved