【喉が痛い.com】〜マスクを付ける〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nodogaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは喉が痛い時の対処法と治し方、マスクを付けることについて詳しく説明していきます。

マスクと聞いて真っ先に思い浮かぶのは医療用マスクでしょう。喉が痛い時の対策として、マスクを付けることは大きなポイントとなります。
「マスクは予防するのに使うものじゃないの?」と思われる方も多いと思いますが、実はマスクには喉の痛みを和らげる役割もあると言えます。

マスクの主な役割としては以下の3つが挙げられます。

飛散の予防
くしゃみや咳などで自身が持っている菌やウイルスの飛散を予防して飛沫感染を防ぎます。

侵入の予防
空気中に漂うホコリやチリ、菌やウイルスなどを取り込まないようにします。他人からの飛沫感染も同時に防ぎます。

喉の保湿
マスクをしていると口の中の湿度を保て、乾燥を防ぐことが出来ます。侵入してきた菌やウイルスの繁殖を抑える効果もあります。

このようにマスクには喉の潤いを保つ保湿効果もあり、感染予防に対してだけ用いられるものではないのです。外出時だけでなく家の中でも使用しても何ら問題はありません。

特に就寝時などに保湿マスクを付けることは非常に効果的です。マスクを濡らして使う「濡れマスク」というものも市販されていて、保湿効果に特化したタイプを使用するのも良いでしょう。喉の痛みだけにではなく、口臭も喉の乾燥が原因として挙げられるので、気になる方は是非試してみて下さい。


  うがいの徹底

  口呼吸より鼻呼吸

  喉に良い飲み物

  喉に良い食べ物

  喉の痛みに効く薬

  効果的な漢方

  効果的なツボ


sponsored link



【喉が痛い.com】TOP

copyright©2014  【喉が痛い.com】〜喉の痛みの対処法と治し方〜  All Rights Reserved