【喉が痛い.com】〜うがいの徹底〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nodogaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは喉が痛い時の対処法と治し方、うがいの徹底について詳しく説明していきます。

感染症の予防で欠かせないのが「うがい」です。うがいによって口内や喉の粘膜に付着した菌やウイルスを排出します。感染予防の基本中の基本とも言えるでしょう。

さてうがいには喉の痛みを解消する効果もあります。しかしうがいをする際の注意するべき点や効果的な方法として、以下のようなことが挙げられます。

冷たい水でうがいをしない
喉が痛んでいる時にはあまりに冷たすぎる刺激を加えるのも良くありません。体温と変わらない程度のぬるま湯やそれより少し温かい温度でうがいをする方が、喉の粘膜をそれ以上傷付ける事無く対応出来ます。

ブクブクうがいを吐いた後にガラガラうがいをする
よくある間違った方法が、ブクブクとガラガラを交互に行ううがいです。ブクブクとガラガラを同時に行うと、口内に侵入した菌やウイルスを喉へと送る手助けをしているようなものです。従って、先に口内をブクブクうがいで吐いた後、もう一度口に含んで喉のガラガラうがいをし、最後にもう一度ブクブクうがいをする、という流れが最も有効なうがい方法なのです。

イソジンなどの消毒系うがい液、塩水などは避ける
うがいと言えばイソジンなどのうがい液が代表的です。しかしすでに喉が痛い場合は、イソジンなどの消毒系うがい液や塩水などの刺激が強いものは避けた方が良いでしょう。

お茶でうがいをする
また水道水でも全く問題ありませんが、お茶うがいも効果的です。お茶にはカテキンという成分が含まれていて、細胞とウイルスが結合するのを妨げる働きを持っています。他にも紅茶や緑茶、ウーロン茶などもカテキンを多く含んでいますので、是非一度試してみて下さい。


  マスクを付ける

  口呼吸より鼻呼吸

  喉に良い飲み物

  喉に良い食べ物

  喉の痛みに効く薬

  効果的な漢方

  効果的なツボ


sponsored link



【喉が痛い.com】TOP

copyright©2014  【喉が痛い.com】〜喉の痛みの対処法と治し方〜  All Rights Reserved